読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きりんの blog

子なし主婦のブログ

人相

おはようございます。
 
 
 
 
先日、スーパーで、コピー用紙を買ったのですが、
 
 
 
レジに並んでいる間に、かごの中をのぞいたら、
 
 
 
コピー用紙の包み紙が破れていたんです。
 
 
 
かなり激しく。
 
 
 
「???」
 
 
コレ、コピー用紙を包んでいる紙、最初から破れてたっけ???
 
 
とレジのところで、見ていた私をレジの方も見ていた。
 
 
 
ですが、
 
 
何事もなく、レジを打ち終わって会計。
 
 
う~む。
 
 
まぁ、私が破ったのかもしれないし、なんにも言えないけれど、
 
 
私が昔レジの仕事をやっていた時は、こういうのは「交換しますね」と言って対応していたハズ…。
 
 
でも、レジに並んでいた時、レジを打っている方の人相を見て、
 
“交換、とかやらなさそうな顔してる…けど、どうするんだろう…”
 
 
と思っていたら、やっぱり交換とか言わなかった。
 
 
 
いや、別に怒ってる、とかそういうのではなく、気付きがあって、少し良い経験をしたのです。
 
 
 
この事から、以前からの経験を総合して思ったことは、
 
 
「性格が人相に表れるのではなく、人相が性格を決める」
 
 
 
のではないか??ということ。
 
 
 
良い人は、生まれた時から「良い人」だし、意地悪な人は生まれた時から「意地悪な人」なのだ。
 
 
 
基本的な性格は遺伝子で決まっていて、知能や顔も決まっている。
 
 
 
そうなると、ほとんど、自分の力で人生を変えるのは難しいのだ。
 
 
 
でも、夢を諦めるのは寂しいから、そう思いたくないけれどネ…。
 
 
 
まぁ、ほとんど遺伝子で決められている人生でも、頑張るしかない、のだ。
 
 
 
今日もお読みいただいて有難うございました。