きりんの blog

子なし主婦のブログ

日本のトップに必要なもの

おはようございます。

 

 

今日は、大雨です。

 

耳栓をしていても、雨の音で目が覚めました。

 

 

 

さて、最近、解散総選挙の事をテレビでよくニュースとして出ていますが、

 

 

新しい政権がもし日本を担っても、根っこからシステムを変えないと日本は変わらない、と思います。

 

 

そして、トップの方に絶対的な必要な資質は、

 

 

善良さ・正義

 

 

これ、なんです。

 

 

国民が幸福感を感じるように考えれる、というのがミソです。

 

 

そして、そのためには、

 

 

必要な非情さ

 

 

も持ち合わせていなくてはなりません。

 

 

ロシアのプーチ〇さんって、私は非情だと思っていたのですが、

 

 

地下核シェルターを5000個も作る、など、国民の事を考えた行動もしているあたり、バランスよく上記の2点を持っている、と考えます。

 

 

でも、日本のトップは、「保身」が一番。

 

 

 

それが当たり前、と考えていては日本は沈没です。

 

 

ここで、

 

「保身を考えなくて済むシステムを作るにはどうしたらいいか?」

 

 

こういう考え方の出来るトップが必要でしょう。

 

 

上の考え方をする人は、根本的にシステムを変えなくてはいけなくなるから、です。

 

 

このしんどい作業をすることによって、自分もラクになるし、後の人もラクになるのです。

 

 

 

この「知恵」が思いつかなかったり、知恵があっても、

 

 

面倒くさい、大変だ

 

 

とその作業をする事を避けては、良い方向へいかないでしょう。

 

 

「一番大変な解決策こそ、一番重要で、後々問題が発生しにくい」

 

 

と私はある人から教わりました。

 

 

なので、一番先に一番しんどい事を済ませてしまうと、後がラクになる、と。

 

 

 

政権が変わったら、

 

 

まずは、「国民主権」に変える事が必要なんじゃないですかね。

 

 

問題案件は、国民に月にまとめて投票で問うようなシステムにするんですよ。

 

 

多数決で決める。

 

 

これで、国民は自分の一票が国を変える、という意識を持ってもらうきっかけになると思うんです。

 

 

で、絶対、

 

 

「投票に行く時間がない」

 

 

と言う方がいると思います。

 

 

すると、国民投票で、

 

 

「法律で残業無し、土日祝休み、夏季休暇3週連続して取る事を義務づける」

 

 

というのを聞けばいいんです。

 

 

で、会社には、点数で会社のランクが決まるシステムにし、

 

 

サービス残業をさせている会社はペナルティーとして罰金と点数が引かれる、というシステムにする、とか。

 

まぁ、一案ですが。

 

 

 

とりあえず、議員制を無くして、国民制にする。

 

 

国民に政治に関心を持ってもらう。

 

関心を持てる「ゆとり」を法律で作るようにする。

 

------

 

あと、北〇鮮については、拉致被害にあった人の写真を回してくるなど、米朝問題で、北が子供がおびえて幼稚な手を使う、という事をしているので、なんだかなー、という感じです。

 

これに関しても、北〇鮮を潰さない限り解決しない問題なのに、

 

 

人質に取られて、被害者に何かされたら…

 

 

というので、今まで向こうの言いなりになって、解決してこなかったのではないでしょうか。

 

 

問題の根本的解決には、多大な労力が要ります。

 

 

でも、トップの人はその決断や勇気がある人は…

 

 

問題の根本的解決を常にこなしていくと、

 

 

そこは、見た事もない世界が広がっているかもしれません。

 

 

そうそう、年功序列的なものや男女差別、そういうのも実力主義に変えていくべきでしょうね。

 

 

若い人のほうが、自由な発想が出来て、「知恵」が出てくる確率が高いですよ。

 

 

時代についていけない古い頭のトップ陣で固めていては、良い案なんて思いつかない気がします。

 

 

それこそ、国民投票で意見を聞いてみたら、その中に良い案がある気がしますけどね。

 

 

まとめますと、

 

 

日本のトップには、長年解決してこなかった案件や、重要な案件を一番に根本的解決をするように集中することが必要

 

なのでは?

 

というふうに思いました。

 

 

今日もお読みいただいて有難うございました。