きりんの blog

子なし主婦のブログ

キレる、が悪いという風潮

おはようございます。

 

 

先日、とある番組を観ていたら、

 

「キレる女性」

 

というので、専門家の方が色々意見を言っていた。

 

 

でも、私は、キレる事自体「悪い」と思わない。

 

 

怒っているのだから、キレるのも「怒っている」のだ。

 

 

ただ、キレた後にどういう行動をするかが問題なだけで、

 

 

キレるのは、人間らしい行動だと思う。

 

 

おとなしく怒っても、全然意味を為さない。

 

 

アホな人には、特に怒っているというのをわからすために、

 

「キレる」

 

というのを態度で示さなくてはわからないのだ。

 

 

反対に、怒らない人間とか「おとなしく怒る」人間のほうがヤバイと思う。

 

 

普段あんまり感情を出さない人間なんだと思うから。

 

 

私は、よく「キレる」人間がいたとしても、

 

 

まともな考えや行動

 

をしていれば、それでいいと思う。

 

 

いつも笑っている人間が良い人間だとは限らない。

 

 

目が笑っていなかったり、どことなく笑い方が「良い笑顔」になっていない人間は多い。

 

 

要は、キレていても、自分の責任で感情を表に出しているのだからそれでいいと思う。

 

 

キレる人間≠ヤバイ人間

 

 

という感じ。

※「≠」は=ではない、という意味。

 

 

ここらへんは、頭の良い才女の方ではわからないかもしれないですね。

 

 

お上品に育てられたら、「声を荒げる」という事ははしたない、と家庭で教わりますものね。

 

 

でも、「感情を出さない」という風潮は、世界ではおかしいんですよ。

 

 

人形かロボットのようで、「つまらない」人間というレッテルを貼られます。

 

 

日本では美徳のように言われますけどね。

 

でも、もうそんな考え古いし、グローバル化についていけません。

 

 

人形かロボットで、言いなりになる日本人。

 

言いたい事も言えない弱い精神の日本人、じゃ世界には通用しません。

 

 

何度も言いますが、「YESマン」を作る教育を止めないと、ニートも増加します。

 

 

 

 

日本がここまで「教育システム」を変えないのは、反対に人口を減らすためなのかなぁ…とさえ最近は思えてきました。

 

 

だって、あまりにも古いシステムで時代遅れだと思いますもの。

 

 

個性を重視した教育システムにしない限りは、良い方向へ進まない、と私的には思います。

 

 

で、この個性重視の教育システムにするには、

 

 

善良な教師が必要

 

 

となってきます。

 

 

その善良な教師を作るのも教育システムだと思います。

 

 

教師不足なら、いっそAI(人工知能)の先生にすればいい、と私は思うのですが。

 

 

 

 

人口が減って、高度なAI(人工知能)の先生が生徒を教え、自分の能力を将来活かせれる教育システム。

生徒数が減ると、一クラス8~10人くらいで一人一人に目が届く事になって良いと思います。

 

 

そうそう、軍事もAI(人工知能)に守ってもらってはどうかしら。

日本全域にバリア、とか張れる技術とか開発されればいいですね。

 

 

もしかしたら、10年後は日本も治安が悪くなって、

 

 

銃社会

 

 

になっているかもしれませんね…。

 

 

そして、マイナンバーでランク付けされて、犯罪も予想される…。

 

 

アニメのような世界に生きている間になるかもしれません。

 

 

 

今日もお読みいただいて有難うございました。