きりんの blog

子なし主婦のブログ

バイオハザードの世の中になる!?

こんばんは。

 

 

今日2回目の投稿です。

 

 

 

 

さて、何年も前から主人は、老人を見て、

 

 

バイオハザードや」

 

 

と言っていました。

 

 

 

 

で、今朝、車の中の会話でなにげなく、

 

 

「これから高齢化が進んで認知症の老人がそこらじゅうにあふれて徘徊し出す事になるんじゃなかろうか。

まるで、ゾンビのように…。」

 

 

と言ったら、主人が

 

 

「だから前から俺がバイオハザードや、って言ってるやろ!」

 

 

と言ってきた。

 

 

^^;

 

 

あー、そういう意味で言っていたのね…。

 

 

あまり深く考えて聞いてなかった…f^^;

 

 

 

でも、本当に高齢化が進むと、バイオハザード化する可能性があるので、笑ってられません。

 

 

自分も高齢者になった時に、ゾンビ化する恐れもあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

たぶん、人間としての機能の頭打ちが80歳ぐらいなんじゃないか、となんとなく思うのです。

 

 

「人による」

 

 

と年配者の方は言いますが、そこはもう平均を取るべきでしょう。

 

 

自治会の役員とかも、80歳以上の方が困難なのが多いですしね。

 

 

 

VRの技術が早く進んで、私が高齢になる前に、

 

 

80歳になったら、VRで肉体を捨てる

 

 

という法律が出来てれば、人生設計もしやすくなりますし、

 

 

政治家なども80歳以上の人が、なり得ないので良いんじゃないか、と思うのです。

 

 

 

今回の解散総選挙で、

 

 

財産再建

 

 

を上手く打ち出している党はありません。

 

 

また先送りをして、先の人の負担を増やし、国民の負担を増やすだけです。

 

 

財政再建は、

 

・議員制の廃止(国民投票に切り替え)

・公務員や独法系の大幅リストラ

高齢者VR(先ほどの)案

AIによる軍事強化

・農業強化(食糧を国内だけで賄えるよう)

・エコ推進

・新築をむやみに建てられないような法案

教育システムを変える

補助金助成金は廃止(自治体廃止)
・AIを進化させて、母父適性や家計診断などで子供を持つ適性などの判断も行う(犯罪防止策と国力強化策)

 

 

を首相になる人が責任を持って行動できるなら…

 

うーん、でも、もう遅いかな…。

 

 

過去にこういう事をパッパッとやってこなかった事に積み重ねがもうにっちもさっちも行かない現状にしているし…。

 

 

ニュージーランドとかだと、昔不良だった、とかそういういろんな経歴の人が政治に参加するのは珍しいことじゃないそうですよ。

 

 

こういう経歴の人のほうが得てして、国民の事を考えたりできるもんだ、と私は思います。

 

 

「保身」とか「体面」とかそういうので成り立っている人間にはなかなかできないでしょう。

でも、日本の政治家・官僚はそういう人がほとんどでしょうし。

 

 

 

 

私は、国のトップには、女性がなったほうが上手くいくんじゃないか?と最近は思っている。

 

 

なぜなら、政治家や官僚、議員のジーさんは、

 

中年女性議員に対しても「女性蔑視」発言をしているのをよく聞くからだ。

 

 

今の時代に、そういう女性蔑視発言をする男性は、

 

 

「無能」

 

 

を自分で言いふらしているようなものだ。

 

 

頭が悪すぎる…。

 

 

こんな頭が悪いのが日本のトップにいるのだから、日本がよくなっていくわけがない。

 

 

本当に頭の良い男性というのは、女性だから、とかそういう見方をしないものだ。

 

 

男女関係なく、「人間性」で見る人は頭が良くて尊敬できる。

 

 

そうだ!

 

 

人間的に尊敬できる人がトップに立つ、という事が日本では無いのだ。

 

もし、

 

「政治とか面倒くせぇ…」

 

とかメディアにはっきり言える人がいたら、私はそういう人ほどまだ信用できそうです。

 

 

 

 

今日もお読みいただいて有難うございました。