きりんの blog

子なし主婦のブログ

初めての経験 信号機が壊れている…

おはようございます。

 

 

先日、主人を助手席に乗せて、外食をしに車で向かっていたところ、十字路で赤信号につかまりました。

 

 

うちの車が一番先頭だったのですが、こちらと同じ方向の歩行者の信号が青なのに、車のほうの信号は赤のまま。

 

 

たまに、車と歩行者の信号がズレている信号の所もあるので、あまり何も思っていませんでした。

 

 

でも、同じ方向の反対車線の車はこちらに向かって走ってきています。

 

 

「??」

 

 

それでも私は赤信号なので停まったままで、信号を見続けました。

 

 

十字路の交差している側のほうが青になって、車が通ってます。

 

 

そこが赤になり、そして、またこちらと同じ方向の歩行者用の信号が青になっているのです。

 

 

そして、こちらと同じ方向の反対車線の車は発進してきてました。

 

 

でも、相変わらず、こちらの信号は赤のまま。

 

 

そこで、

 

 

「信号機が壊れてる…」

 

 

と私は言い、ゆっくり周りの信号を見ながら、まっすぐ進みました。

 

 

すると、隣に座っていた主人が、同じ方向の反対車線の信号を振り返ってみると、

 

 

「ほんまや、青になってる…」

 

 

と言いました。

 

 

「こんなん初めてや…」とも。

 

 

私もです^^;

 

 

ネットで後で調べてみると、全国の信号機の老朽化で、1/4が壊れる可能性がある、との事。

 

 

しかし、私の後の車は私の後についてきていませんでしたので(バックミラーで見ると後続車は停まったままでした)、信号が壊れているのに気付くのにはかなり時間がかかるかもしれません。

 

 

私も、「やたら信号長いなぁ…」と思い、よく周りを見たら…というので気付いたので、(通勤ラッシュ時だったけど)後続車は一番先頭になってみると気付くでしょう。

 

 

この時、韓国の地下鉄の列車事故で多くの人が亡くなった記事を思い出した。

 

 

煙が出ていても、皆席に座っていて、

 

「皆が座っているから」

 

とあまり危機感が無く、逃げ遅れた人も多かった。

 

 

災害時も、自己判断しないと自分を守れない、と常日頃思ってはいますが、上手くいくかは運次第。

 

 

でも、大地震が来たらとりあえず、自治会とかはアテにせず、サッサと逃げるかなーと思っています。

 

 

男尊女卑をするジジーを筆頭とする役員達がイザという時に役に立つとは思えないし、防災委員の人もおじいちゃんだったし(この人はどんな人かわからないのでジジーとは呼ばない)。

 

 

で、自分が老人になった時(この町にいてるかわかんないけど)、災害時には別にほっといてもらっても別に構わない。

 

 

むしろシなせて、と思うかも。

 

 

長生きは若者にも自分にも良くない、というのが私の考えなので。

 

 

とりあえず、自分がオバサンの間までは、自己判断で災害時にも逃げたい、と思うのでありました。

 

 

★日本の地震!避難するのにオススメな都道府県は?

 

 

今日もお読みいただいて有難うございました。