きりんの blog

子なし主婦のブログ

本当に正しい事が分かる人は少数

おはようございます。

 

 

先日の選挙の結果はもう連日報道されている通り、

 

 

自民党の圧勝となりました。

 

 

 

私は、投票に行っておりません。

 

 

だって、この国のシステムは、

 

 

正しく判断出来るものが少数で、主流にならない

 

 

という事になっているから。

 

 

利己主義に従う大多数の人によって、間違った選択の方向へ突き動かされ、国がタイタニックのようになっている。

 

 

で、利己主義の一派に対抗しようとすると叩き潰される。

 

 

 

首相を決めるやり方も、アメリカのようにしてほしい、と私は思う。

 

 

 

うーん。

 

 

とゆーか、面倒だな…。

 

 

もう、「国」というのを無くせばいいのに…。

 

 

スペインのカタルーニャ地方や、イタリア北部の2州で自治権拡大の是非を問う投票が行われたりして、自治権を求める地域が増えてきている。

 

 

日本は、そういう元気も無いだろうな…。

 

 

「我」を消される教育だし。

 

 

変な我を出すのは、老人や障害者(境界性人格障害等)等なので、

 

 

 

一番立ち上がらないといけない年代が立ち上がる元気がナイ。

 

 

税は増えていくけど、お給料は増えない。

 

 

★配偶者と扶養の控除!130万→150万にひきあげなのは?

 

サービスも低下していき、年金は75歳から微々たる金額を貰えるだけか、年金無しになるか…。

 

 

このままいくと、私の老後には、姥捨て山が出来てそうだ。

 

 

 

ラクに生きるには、

 

 

「何も考えない」

 

 

という事をしないといけないが、そうすると、危機管理意識が低下しそうだ。

 

 

何か突破口の蜘蛛の糸が欲しい気がする…。

 

 

今日もお読みいただいて有難うございました。