きりんの blog

子なし主婦のブログ

群れ

おはようございます。

 

 

先日、図書館で借りた本が面白かったので、少し感想をば。

 

借りた本は、

 

 

「僕はなぜ小屋で暮らすようになったか」

 

という本。

 

 

 

著者は、孤独を愛する人間。

 

私が感じた著者の印象は、

 

「頭が良い」

 

という事。

 

実際、東大を院まで行っている人だったんですが^^;

 

 

私は、自分の頭でよく物事を考える人が好きで、やはりそういう人の意見は面白い。

 

 

著者の考えている事は、たぶん「普通病」の人には分かりにくいかもしれない。

 

 

私は、この著者のような頭の良さは無いが、共感できる部分が多かった。

 

 

物事を考えるには、現代は雑音が多すぎる。

 

私は、本当に頭の良い人間とは、独りを好むのではないか…?と感じました。

 

 

前に知人が、

 

 

「アホな人間って群れたがる」

 

 

と言っていたのを思い出した。

 

 

皆、この本の著者のように頭の良い人間だったら、世界は違っていただろうか…。

 

 

本当に頭の良い人間ほど、人の気持ちを瞬時に察し、本当に相手の望む言動や行動が出来る、と聞いた事があるが、この世界が戦争が終わらない事を思うと、世界の大半はあまり頭の良くない人、という事になる。

 

そして、その人達が自分の行動を正当化するために都合の良いシステムを作っているのかもしれない。

 

 

というか、人間自体あまり頭の良くない生き物で、著者のような頭の良い人間は少数派で、かなりの高確率で社会的に生きにくい、という事になるのかも…。

 

 

でも、頭の良い人ほど現代では子孫を残そうとはしないから(前にネット記事で見た事がある)、この世界は「愚か者」ばかりになる、という事に?

 

 

 

 

あまり考えないでおこう…^^;

恐ろしい結論に達しそう。

 

 

本の話に戻りますが、最近、女性でもBライフをしている方はいらっしゃるようで、よくその方のブログを見たりします。

 

 

私は、これから空き家が増えると思うので、もっと区画を広く区切って、Bライフ向けの市を作っても面白いんじゃないかと思うのです。

 

 

例えば、最低300㎡を1区画とし、小さな小屋を建てて売りに出す、とか。

 

 

それを独身者が買えるぐらいの値段設定(40万ぐらいとか?)にすれば売れるんじゃないかな、と思う。

 

 

Bライフ市の総知能指数は高め、という事になるかも。笑。

 

 

という事で、妄想も入れて、本の感想でした。

(いつもながらに自分の文章力の無さにヘコみますが…)

 

 

★大人の絵本!おすすめの癒しベスト5はコレだ!!

 

 

今日もお読みいただいて有難うございました。