きりんの blog

子なし主婦のブログ

人間って昔から変わらないのかも

おはようございます。

 

 

昨日、ネットニュースで、先月にも載っていた話題の関連記事が載ってました。

 

小さな集落で「村八分」騒動 行事連絡せず、市報届けず

 

 

 

これ、自治会側の意見すごいと思いませんか?

 

「感情の問題なのに」

 

って。

 

言い訳にもならない、という事がわかってない。

 

 

感情で何でもやっていいんだったら、警察いらんわ、ってゆー話だし。

 

 

思うんですけど、自治会とかってちゃんとした「法律」が無いからこういう事が起こるんじゃないかな、って思うんです。

 

 

っていうか、「自治会」という制度そのものがもう昭和の古い制度で、今の時代に合ってないのに、まだ国は存続させようとする。

 

 

結局、「頭がおかしい老人を野放し」にする会、みたいになってる、と思う。

 

 

感情で動き過ぎだっちゅうの!田舎の老人は特に。

 

 

感情で動きすぎって事は、原始人と変わりあらへんやん。

 

 

自治会費払ってるのももったいないやん。

 

 

防災でも国が目が届かない部分がある、とか言い訳せずに、自治会費分、国が徴収して人雇って、防災対策でも何でもすればいいやん!と思う。

 

 

自治会もう無くしたほうがいいよ。

 

無くすほうに反対してるのは、アホか私腹を肥やすために利用している人間かどっちかだ。

 

この記事みたいに、村八分になっている人間は可哀想でしょ。

 

 

市で自治会長になった主婦の方が自〇(ジサツ)したと、私は聞いた事がある。

 

だから、自治会長になる奴もかなり腹が真っ黒じゃないとやっていけないんだと思う。

 

って事は、ほとんどが腹黒自治会長なんじゃないか、と思う。

 

 

私は、ふと気付いたのですが、善良な人間というのは、本当に高貴な血筋や高貴な魂の持ち主なんじゃないか、と思うんです。

 

文字通り、

 

「貴(=尊)い」。

 

とゆー事は、やはり善良な人間というのはそうそういないだろうなぁ…とも思う。

 

 

そして、人の痛みがわからない、とか、自分の事しか考えてない、というのは、昔から人間の本質って変わらないという事を表している。

 

だって、ズル賢いほうに頭が良くなっていっても、人間のレベルって上がらないので。

 

人間のレベルってなかなか上がらないのかもなぁ、と感じる。

 

本当に、人間で実験されてるような気分をたまに感じる。

 

 

人の事を考えて行動や言動が出来る人はそれだけ根性が要るから、しんどい。

 

でも、それだけ魂のレベルも上がっているのだろうなぁ、と感じる。

 

だから、天からのお迎えが早く来るのだ。

 

 

たぶん、ラクして自分本位で生きている人ほど長生きなのかもしれない。

 

ラクだったら、それだけ長くも生きれるから。

 

今までの経験で、

 

「こんな菩薩みたいな人がこの世にいるんだなぁ…」

 

と感じ、この人と出会えた事が財産だった、と思えた人ほど短命だった。

 

 

貴い(尊い)人ほど、命を削って生きているのかもしれない。

 

国もそういうカリスマ性のある人がトップになって、独裁で民衆のための改革を進めていき、短命で亡くなったら、きっと国民で泣く人はいてると思う。

 

このドライな時代に、自分達のためにやってくれた人は英雄なのだ。

 

田中角栄のような精神力の持ち主はなかなかいないだろうなぁ、とは思うけど、出てきて欲しいなぁ。

 

今日もお読みいただいて有難うございました。

 


人気ブログランキング

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村

 

ポチっと押していただけると嬉しいです^^