きりんの blog

子なし主婦のブログ

老後の仕事

こんにちは。

 

 

最近、

 

 

「人生100年時代」

 

 

という言葉をよく聞きます。

 

 

まず、この言葉から私が考えることは、

 

 

生活が困難になってまで長生きしたくない

 

 

でした。

 

 

機械化(シンギュラリティ)が進んで、身体が不自由でないならまだ100年生きてみてもいいかも、と思うが、生きる屍みたいな最後の10年くらいだったら、不幸だ。

 

 

★トランスヒューマンの時代がもうすぐ来る!?トランスヒューマンって何?

 

 

で、本題に戻りたいと思いますが、

 

 

定年後、100歳まで35年~40年あるという事になりますが、

 

 

その間のお金はかなりかかる、と予想します。

 

 

病院代など、予想を超える額かもしれませんしね(入院費や手術代など)。

 

 

で、定年後も働く所を探す人も多い。

 

 

でも、実際働くとなると、若い人の邪魔になったり、問題が発生しますよね。

 

 

 

で、私が思ったのは、

 

 

子供がいる人は、孫の子守などで、稼ぐ

 

 

まぁ、これ、女性のほうが向いてそうですけど。

 

 

おばあちゃんに子守を頼むなら、ちゃんとその対価を払ってあげてほしい、と思います。

 

 

タダで面倒を見てもらう、というのは引き受ける側も、裏で文句言ってますよ、きっと。

 

 

男性がこういうのでおこづかい稼ぎが出来ない、というのは、やはり日本の風潮や教育が悪い、と言わざるを得ません。

 

 

西欧などは、男性も小さい頃から女性と同様家事が出来ますし、各家庭でそういうふうに教えます。

 

まぁ、何より、父親が母親と同じくらい家事をしているのを息子も小さい時から見て育ってますから、普通だと思いますよね。

 

 

日本では、奥さんが風邪をひいて寝込んでいても、おかゆ一つ旦那さんは作れません(作ろうともしない)。

 

 

それより、「俺のメシは?」

 

 

と心無い言葉が普通になってます。

 

 

海外では、女性を尊重しないとモテないし、イイ男でもないのに、日本の男性って、

 

 

「男を立てろ」

 

 

的な考えがまだ根強くはびこっている。

 

 

なんか化石みたいな考え方ですよね。

 

 

私は、その考え方、気持ち悪くて…。

 

 

 

日本に住んでいると、自然と

 

 

「男性優位」

 

 

の風潮で、知らない内に自分も毒されている、というのが最近分かってきました(遅いけれど)^^;

 

 

キャリア教育、が実験的に始まる、と言いますが、

 

 

それより、

 

 

「個」を育てる教育、風潮

 

 

が国には必要、だと思いました。

 

 

シングルマザーでも貧困にならないようにするには、

 

 

ドイツ

 

 

を見習ったほうが良いですね。

 

◎ドイツに学ぶべき

 

もっと、世界の良い教育をバンバン早急に取り入れろ、と思いますね。

 

 

おっそいんだよ!

 

 

のレベルじゃなく、もう、

 

 

おっそすぎて、もう何をしても遅れてるんだよ

 

 

のレベル。

 

 

教育は国の要、なのに、高齢化で、文科省の上が全部化石のおじいちゃんで埋められてるから、

 

 

「面倒くさいから、な~~んも変えたくない」

 

 

で、結局、日本衰退。

 

 

今、ふと思ったけど、実は、今までの総理大臣よりも、

 

 

歴代の文科省大臣

 

 

のほうが、罪重くね?

 

 

って感じです。

 

 

自分らの私腹肥やしてる間に、少子高齢化の住みにくい日本にしちゃって、

 

自分らの首を絞めることになってしまったんですねー。

 

 

日本人は、空気を読む民族なんかじゃない。

 

悪い空気を共有する事を強要する国

 

なのかもねー。

 

 

◎オランダの教育制度の記事はこちらhttps://ukihana47.com/archives/9399 

フィンランドの教育制度の記事はこちらhttps://ukihana47.com/archives/9402 

デンマークの教育制度の記事はこちらhttps://ukihana47.com/archives/9404 

スウェーデンの教育制度の記事はのこちらhttps://ukihana47.com/archives/9466 

アイスランドの教育制度の記事はこちらhttps://ukihana47.com/archives/9408 

◎スイスの教育制度の記事はこちらhttps://ukihana47.com/archives/9406

 

 

またまた、本題に戻りますが、

 

 

じゃあ、

 

 

定年後の職

 

はどうしたらいいの?

 

 

って事ですが、今はまだ求人募集が結構出ている時代。

 

今の定年になった高齢者の方はなんとかありつけるかもしれない。

 

あぶれた方は、

 

「自分の得意分野を教える事によって収入を得る」

 

事にしてはいかがでしょうか。

 

でも、これも、結構体力要るようですけどね^^;

 

 

私の世代が定年になる頃には、AI(人工知能)ロボットが労働の大多数を担っていて、

 

 

雇用はあまり無いと予想します。

 

 

なので、やはり、お金がお金を生み出すシステムを自分で作り出していないと

 

 

老後はしんどいでしょうね。

 

 

今は、単純思考で、

 

 

 

 

不動産

 

 

金など

 

しか思い浮かびませんが、老後までに、自分なりに合った手法で見つけておかないといけないでしょうね。

 

 

老後は、夫婦で1億くらい貯めてないとダメなのかしら…。

 

 

平均的なサラリーマンで、生涯年収は2億と言われています。

 

 

だとしたら、給与の半分は貯金…@@;

 

 

うーむ。

 

 

恐ろしい…。

 

 

子供を産まない節約をしても、住居や車や家具や服を全部中古にしても、

 

 

給与の半分を貯金って出来るんだろうか…。

 

 

単純に考えて、無理があるだろうなぁ…。

 

 

働き方を変えたり、発想の転換が必要になると思う。

 

 

 

今日もお読みいただいて有難うございました。

 


人気ブログランキング

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村

ポチっと押していただけると嬉しいです^^