きりんの blog

子なし主婦のブログ

昭和脳

 

おはようございます。

 

 

今日は、少しだけブログが書けそうなので、書いてみます。

 

 

 

 

先日、こんな書籍を目にする機会を得ました。

 

 

 

 

 

「人生リセット留学」

 

 

著者が、ロンドンに逃亡するように留学する、と言うお話。

 

で、日本とイギリスの違いや、西欧との違いなどを漫画で描かれていて面白かったです^^

 

 

その中で、

 

 

イギリスでは、男性が相手に求める結婚の条件上位3位に

 

 

家事が出来る

 

というのは入っていない

 

 

というのが興味深かった。(100位以内でも入っていないんじゃないか?との事)

 

 

そういうのより、「母性」とかのほうが入っている。

 

 

日本では、家事(特に料理)が出来るとか、奥ゆかしい、とか、男性を立てる、とか、そういうのがまだ根強く残っている気がする…。

 

 

前から思っていたけど、日本って技術は発達してるけど、精神面では発達してないのかも。

 

 

高齢者が多いって事は、

 

 

昭和脳

 

 

の人も多く、大多数が社会の風潮になるのだから、そりゃ変わらないとは思う。

 

 

来年、元号が変わろうとしているのに、平成脳にもついていけてない日本人…。

 

 

2つの時代遅れ…

 

 

というか、昭和マニュアルしか知らない・出来ない・知ろうとしない

 

 

のかもね。

 

 

日本の風潮は世界からはかなり遅れてる。

 

 

もちろん、素晴らしいところも多い。

 

 

衛生的に綺麗なのは素晴らしいと思うし。

 

 

ロンドンでは、道路が汚い、とか、公衆トイレがないとか(治安の面で置かないそうだ)、犬のフンも後始末していかない飼い主が多いとか(これはまだ日本でも多いかな)。

 

 

日本は、教育に「掃除」というのを組み込んでいるので、掃除の仕方を知っているけど、ロンドンでは学校で掃除をする人は雇われていて、生徒が掃除をするというのは無いから掃除の仕方を知らないのでは?というのも描いてあった。

 

こういうのは、日本はそのまま継続してほしいなーとは思う。

 

 

ただ、男女分けて何かをさす、というのは恋愛未経験者が増えるのでは?というのも本書であった。

 

 

うーん。そう思うと、やっぱり「教育」っていうのは、社会風潮にかなりのウェイトを占めている気もするなぁ。

 

 

★デンマークの教育制度ってどんなの?

 

 

教育とかも、貴族の人が受ける教育って違うと思う。

 

英才教育みたいなもん??

 

 

よくわからないんだけど、私は、人に嫌がらせをしたり意地悪をする、というのは育ちが悪い、という解釈だったのだけれど、そうじゃなくて、教育で変えられる部分があるのかなぁ…という疑問がある。

 

 

でも、まぁ、両親や兄弟、親戚が皆、嘘つきだったり嫌がらせをしても平気だったりするのだったら、そういう環境で育った人間はそれが当たり前だと思うし、そうしないと家族の中では異端児扱いになるから、そういうふうにするしかなくて、そういう行動が「普通」になってしまうのも当たり前なのかもしれない。

 

犯罪を犯罪とも思わない(ストーカーまがいの事をする人間とか)人間が増えていて、それを地域で擁護する所もあるそうだ。

(終わってるな…)

 

 

という事は、環境と教育が良ければ、善良な人間になる可能性も高い。

 

 

という事は、早い段階から家族と切り離して寮で暮らしている子のほうが、「教育方針に順応する」のかもしれない。

 

 

全ての家庭環境が悪いワケではないが、ほとんどが「昭和脳」の両親ならば、一般的に小学校から寮とかのほうが教育システム(を改善すれば)によっては、そちらのほうが人間育成に良いかもしれない。

 

 

善良じゃない人間が大人になると迷惑なのだ。

 

 

 

本書では、他にも、「ヤラミソ」という言葉がある、というのが描いてあった。

 

 

昔、「ヤラハタ」(ヤらずに二十歳を迎えた男性のこと)っていう言葉があったけど、「ヤラミソ」というのがある、というのもその本で知った。

 

 

これは、女性に対して。

 

 

いや、ヤラフォーとかも普通にいると思うが…。

 

 

私は本人が幸せなら別にいいと思うんだよね。

 

 

ただ、世間の目が厳しいとかそういうのがツライ…っていうのはなんだかねー。

 

 

その世間の目も「昭和脳」の考えなワケでしょ?

 

 

なんか古い考えも限界に来てるかもしれないなー。

 

 

たぶん、ここ2、3年で概念自体ガラッと変わる事があるかも。

 

 

例えば、人工知能(AI)の発達とかで。

 

 

人工知能(AI)のデメリットはなに?

 

 

 

新しい時代についていけるのかなー…。

 

 

 

今日は、ある書籍について書いてみました。

 

 

今日もお読みいただきありがとうございました。

 


人気ブログランキング

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

↑ ポチっと押していただければ励みになります^^