きりんの blog

子なし主婦のブログ

救急車

 

こんばんは。

 

 

夜、変な時間に寝てしまい、普通の時間に眠れなくなったので、少しブログを書きます。

 

 

 

 

ここ数年前から、毎日くらい近所で救急車の音がします。

 

 

高齢

 

 

をこういう所から感じ取れたりします。

 

 

 

で、救急隊員の人も大変だなぁ、と思うのです。

 

 

だって、救急車の音が聞こえるのは、1日に最低1回であって、1日に2回、3回聞こえる日もザラにあるわけです。

 

 

 

高齢化が進むと、あるお宅の家に向かっている最中に、

 

 

「次はここ」

 

 

って連絡入ったりするのも多いんじゃないでしょうか?

 

 

 

そこで私は思いました。

 

 

 

救急車、もっと大きくできないのかなー

 

 

 

と。

 

 

 

なんなら、2階建てにしてもいいのでは?

 

 

 

そして、1回に救急患者を何人も運べるようにすると、合理的なのかも…。

 

 

とすると、救急車専用のお医者さんもついておいたほうがいいのかもなぁ…。

 

 

 

ER救急バージョン!

 

 

 

そしたら、救急患者の家の近くに救急車停めて、救急車の中で患者を診て、病院に運ばなくても良い人とか選別できるんじゃないのかなー。

 

 

 

高齢化になったら、救急車も合理的に進化しないといけないのかもなぁ…と私的に思ったのでした。

 

 

 

 

今日もお読みいただいて有難うございました。