きりんの blog

子なし主婦のブログ

もっと早く時代は進まないのかな

 

こんにちは。

 

 

今日は、ふと

 

 

時代の進む速度ってどうしてこんなに遅いのかなー

 

 

って思ったことをブログに書いてみようと思います。

 

 

世間では、「婚活」とか色々言ってたりしますけど、

 

 

独身者が多いことを見ても、もう既に

 

 

「個人」の時代

 

なんだと私は思います。

 

 

集団でしか何かやったり言ったり考えたりできない人は、時代遅れ。

 

 

たぶん、人間選別に一番入らないのは

 

 

庶民

 

 

な気がします。

 

 

数でなんとかしようとしてるのが庶民ですから。

 

 

つまり、「家族」というものや「地域」とか「民族」とかそういうのを隠れ蓑にしてきた人達が

 

 

人間選別から一番に漏れる、という事なんだと思います。

 

 

 

人間選別=人口削減計画というのは、いろんな所の情報で言われていることですが、

 

 

それに選ばれるのは、

 

 

自分の頭で考えられる人

 

 

なんだそうです。

 

 

つまり、「創造性」。

 

 

選別の基準は、記憶力とか知識、とかではないそうです。

 

 

そうです。

 

 

いままで少数派だった「創造性」に飛んだ人種側の人間が生き残れる、という事です。

 

 

社会の風潮が正しい、とか、「体裁」や「見栄」を重んじる人種の人達が選別から一番程遠いようです。

 

 

で、そういうのが一番多い世代ってどの世代だと思いますか?

 

 

そう、高齢者です。

 

 

古い考えが定着してますから。

 

 

たぶん、日本の人口削減計画は、

 

 

少子高齢化

 

 

で削減される予定なんでしょうから、

 

 

若い人達にしわ寄せがいきます。

 

 

…。

 

 

そっか…。わかった…。

 

 

何かで読んだけれど、頭の良い女性で、産んで欲しいと思う女性ほど子供を産まない、っていう統計がどこかの国で出たって書いてたけど、

 

 

ということは、何も考えずに子供を産んでる人達が先で苦労する事になってるんだ…。

 

 

 

庶民ほど風潮に流されて子供を作るから、これから税金もどんどん上がっていくし、子供も作って家も買って…っていう生活をする庶民が貧困層になっていくしくみなんだ…。

 

 

という事は、独身組が一番時代に合った選択をして、人間選別の対象になるっていうことなんじゃないのかな。

(これは前から言っていることだけど)

 

 

宗教とか何かの集団に属することもなく、自分の意見・判断で行動できる人が一番の人間選別の対象になるのかもね。

 

 

精神的に弱いものを切り捨てていくって何かに書いてあったけど、

 

 

庶民が一番精神的に弱いから、大多数組に入ろうと努力してるぐらいだものね…。

 

 

それ以外の生き方ってどうやるの?っていうのが庶民だものね。

 

 

私が想像するに、創造性のある人が普通の生き方をしてるワケがないものね^^;

 

 

 

 

例えば、少子高齢化はこんだけ取りざたされてるけど、庶民は問題を先延ばしにするでしょ?

 

 

「誰かがなんとかしてくれるだろう」

 

 

と他人任せにする。

 

 

なんだったら、改善案が出ても、大多数が反対してたら反対派に回る。これが庶民。

 

 

先を考えて正しい事をする

 

 

という概念が無い。

 

 

常に大多数に入っている事が自分の中で優先順位1位。

 

 

既に今問題を解決しても「遅すぎる」というのも気付かない。

 

 

解決しないと、回りまわって自分に跳ね返ってくる、ということも気付かない。

 

 

跳ね返ってきても、自分の行動でそうなった、というのも気付かない。

 

 

創造性のある人は、先でどうなるか想像がつくから、早めに問題を根本解決しようと意見を出す。

 

 

でも、正しい事をしようとしても庶民に足を引っ張られる。

 

 

 

自分の利益しか考えない人も「庶民」。

 

 

ずる賢いだけで、正しい頭の使い方をしていないから「ずる賢く」なってるのだものね。

 

 

人に嫌がらせする人やストーカーなど、人が嫌がる事をする人達(もう違う人種だと思う)も当然、人間選別から一番に漏れるでしょう。

 

 

選ばれても人の迷惑にしかならない考え方をするからね。

 

 

こういう人達も日本人で多くなってきています。

 

 

某宗教とか良い例でしょう。

 

 

宗教も、人に喜ばれる団体でないと意味ないのにねぇ。

 

 

集団で人に嫌がらせして喜んでいるなんて生きてる価値ないと思うんだけど。

 

 

 

 

 

私は、知り合いで、嫌な思いをしてもさせられても、人に親切にしている人を知っています。

 

 

私は、

 

 

「あぁ。この人はやっぱり育ちがいいんだなー。」

 

 

って心底思いました。

 

 

本当に育ちの良い人って、やっぱり違うって分かりました。

 

 

反対に育ちの悪い人って、自分が嫌いってだけで嫌がらせしたりしますものね。

 

 

 

 

 

話は元に戻りますが、人間選別って、時代が進むのには必要不可欠なのかもしれません。

 

 

人口削減計画って本当に残酷だけど、仕方の無い事なんでしょうね。

 

 

他の惑星に移民として送るのが一番無難な気もしますが、まだそういう技術も進歩していません。

 

 

惑星を探すより、人口惑星としてコロニーを作ったほうが早いかもしれませんね。

 

 

私も人間選別に漏れるでしょうけど、寿命まで精一杯生きたいと思います。

 

 

 

今日もお読みいただいて有難うございました。