きりんの blog

子なし主婦のブログ

移民を受け入れず、血を濃くしないためには…

 

こんばんは!

 

 

政府は毎年移民を20万人受け入れする、というニュースを聞いて何ヵ月か経ちました。

 

移民を受け入れをすると、治安が悪化する…という事で私も移民受け入れは大反対でした。

 

でも、日本人って血が濃くなりすぎて、遺伝的にもあんまり良くない気がして、

 

これを解消するには

 

「移民を受け入れ」

 

するしかないのかなーって思ってました。

 

でもでも、移民を受け入れしなくても血を薄く(?)する方法があったんです。

 

それは…

 

クローン

 

 

中〇みたいに、人間のレベル(信用スコア)を人工知能AI)で管理して、子を持つ権利を持てるというのもレベルで決めて、

 

クリアした人はクローン技術で子を持てるようにする。

 

 

これからは、人出不足になるので、人口が減っている日本は、今の老人がどんどんシんでいき、後々若者が残っていくので、移民を受け入れると逆効果になる。

 

 

(あと、日本に住んでいる外国人に生活保護とか出すのもどうか、と思う。)

 

 

移民の人はお気の毒だし、移民の方についての解決策って、残念ながら私には思い浮かばない><。

 

 

どこかの土地を移民の方々の「国」として与えて住んでもらう、とか…。

 

でも、(経済的に)発展するかはわからないし…。

 

本当に、解決策が分からない…。

 

 

 

とりあえず、未来の日本を考えたら、移民受け入れは逆効果だと個人的には思う。

 

人工知能ロボットの技術を高めるほうへ補助金を出したほうが絶対有意義だと思うな…。

 

 

日本はこのままいくと、中〇の属国になるような…。

 

 

日本が何かをやるために行動が遅いのは、議員とかの人数が多いからじゃないかな?

 

アメリカのポートランドみたいに、5人くらいで決める、とか(本当に善良な頭の良い人がならないといけないけど)、システム自体変えないと、何にするにも遅すぎたら、GDPも上がっていかないと思う。

 

 

議員数を減らすと、国の支出も減ると思うし、決定するのも早くなるんじゃないかな。

 

事は単純じゃないかもしれないけど、システムももっと単純化すべきな気もする。

 

 

というか…

 

私はまた国に期待しているような意見を言ってしまった…^^;

 

 

日本という国は、正しい意見は通らないようなシステムになっているので、国の上層部は下の意見は何も聞かないと思う。

 

もう沈没船に乗ってるかもしれない…けど気付いてないかもしれない…そんな感じ…

 

5年以上前に、「日本はタイタニックのように沈没していってる」という記事を読んで、

 

早くから気付いている人もいた。

 

私もその記事を読んだのに、何も生活を変えていない。

 

流れに巻き込まれていくのを見ているだけ…なのかも…><

 

 

 

今日もお読みいただいて有難うございました。